オールドレンズといえばヘリオス!「Helios 40-2 85mm F1.5」作例&レビュー!




Helios 40-2 85mm F1.5 レビュー

オールドレンズといったらこれでしょう。

あなたはロシア産のZeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」をご存知でしょうか?

 

このレンズは「ぐるぐるボケ」で有名なオールドレンズです。

現代のレンズを所持しているのにも関わらず、オールドレンズ特有の写りが楽しすぎて作品の6割がHelios(ヘリオス)になってしまっています。

作例を用いてレビューします。

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」とは?

Helios 40-2 85mm F1.5 ロシア

「Helios 40-2 85mm F1.5」はロシアのレンズメーカーであるZeissの商品です。

ボディはツルツルとした質感の金属性で、ズッシリと重いです。

F1.5でとても明るく、焦点距離85mmとポートレートに向いているレンズではないでしょうか。

注意が必要なのはオールドレンズなので操作が全てマニュアルということ。

オートフォーカスもなければ、絞りもカメラで設定できないのでレンズのリングで行います。

F値は「F00」と表示されていますね。

Helios 40-2 85mm F1.5 絞りリング

 

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」といえば、ぐるぐるボケ

それでは私が撮影した作例を用いてこのレンズのレビューをしていきます。

有名ですが、ぐるぐるボケがすごいです。

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」 ぐるぐるボケ 作例

酔ってしまいそうなほどぐるぐるです。

写真の中心からぐるぐるするので、被写体は中央付近に置くのがいいです。

かなり癖がありますが、面白い写真が撮れますね。

 

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」のシャープさは?

やはり解像度では現代のレンズには敵いません。

慎重にピントを合わせても、そこまでキレッキレとはなりません。

良く言えば「優しい」ですが、悪く言えば「甘い」です。

スマートフォンで見る分には気にならないと思いますが、気になる方はレタッチでシャープにしてあげるなどして対応しましょう。

Helios 40-2 85mm F1.5 作例 Helios 40-2 85mm F1.5 作例

 

ぐるぐるボケだけじゃない!面白い写り。

オールドレンズは現代のレンズと比べてレトロというか面白い写りをします。

ブレるようにボケたり・・・

Helios 40-2 85mm F1.5 作例

 

前ボケを利用すると水彩画のような世界の写真が撮れたりします。

Helios 40-2 85mm F1.5 滲みボケ

 

やりすぎると背景がごちゃごちゃして汚くなってしまったりしますが、それもまた一興でしょう。

Helios 40-2 85mm F1.5 ボケ 作例

 

プロカメラマンも使用している

プロカメラマンである”光の魔術師イルコ”さんもポートレート撮影で使用しています。

人物ポートレートを撮影する方は是非参考にしてください。

ぐるぐるボケを使用しての表現がとても美しいです。

 

デメリット。マニュアルフォーカスが大変。

Helios 40-2 85mm F1.5 オートフォーカス無い

シャープさが足りないとか解像度が低いとかありますが、オールドレンズにそこは求めてないのでデメリットとは思いません。

むしろ「味」だと思います。

 

やはりデメリットはオートフォーカス機能がないことです。

つまりマニュアルフォーカスで撮影しなければいけないことでしょう。

ただでさえシャープさがないのにピントまでずれてしまうと、もうボケボケです。

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」 ぐるぐるボケ 酔う

ただし、じっくりと被写体と向き合って撮影する方には大して問題にならないでしょう。

むしろオートフォーカスに任せすぎて、後で写真を見返したら微妙にピントがずれてた!なんてことはありませんので物は考えようですね。笑

 

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」まとめ

中一光学レンズ「SPEEDMASTER 85mm F1.2」 レビュー

Zeiss「Helios 40-2 85mm F1.5」はこのような人に向いているのではないでしょうか?

  • 被写体とゆっくり向き合って撮影する人
  • オールドレンズの写りを堪能したい人
  • 他の人と違う人物ポートレートを撮りたい人

 

逆に

  • 動きが速いものを撮影する人
  • シャープな写真を撮りたい人

このような人は撮影やレタッチを工夫しなければならないでしょう。

他の人とは一味違う写真を撮りませんか?

以上、猫カメラマンのササ(@nyaasan2017)でした!