青森県の名産!スタミナ源の塩ダレをオススメする3つの理由!







こんにちは!青森県出身ブロガーのササ(@2017Kedama)です!

青森県民が愛する焼き肉のタレ「スタミナ源たれ」を知っている方はいても「スタミナ源 塩焼きのたれ」を知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

スタミナ源たれも知らんわい!というかたはこちらをどうぞ↓

焼き肉のタレと言ったら「源たれ」でしょ!青森県のソウルソースを紹介!

 

焼き肉で塩で食べると美味しいお肉ってありますよね?

豚トロとか、鶏肉とか、、、

 

それらを食べる時にぜひ試して欲しいのが「スタミナ源 塩焼きのたれ」です。

このタレを使えばご家庭の焼き肉はレベルアップ、BBQだと一目置かれる存在になること間違いないでしょう!

 

スタミナ源塩たれとは?

塩とコショウに全国一の生産量を誇る青森県産ニンニクを隠し味に加え、八甲田山系の清らかな水で割ったまろやかな塩コショウ味のたれです。(出典:上北農産加工公式HP

そう、液体タイプの塩コショウなのです!

下に沈んでいる黒いのはコショウです。

 

公式HPでは青森県産ニンニクを隠し味に加え・・・とありますが、

全然隠れてません。

 

正直ガツンと効いてます。(だがそれが良い)

 

トロっとしてますね。↑

 

  • 豚バラ
  • 豚トロ
  • 鶏肉

これらの肉との相性は抜群です。

 

ただ味はかなり濃いのでつけ過ぎ注意です!

チョンとつければ充分に塩味が堪能できるでしょう。

 

スタミナ源 塩焼きのたれをおススメする3つの理由

いやいや、家に塩とコショウぐらいあるからわざわざいらないよ。

そんな声が聞こえてきそうですが、このタレをおススメする理由があるんです!

 

①焼き肉の時に塩とコショウの奪い合いにならない

これですよ。

絶対みんな言ったことあるです。

「次、塩取ってー!」

ご家庭の焼き肉ならまだいいでしょう。

大人数のBBQだと塩渋滞が発生しているはずです。

塩に合う肉が来るたびに塩渋滞を繰り返すことでしょう。

 

ところがこの塩ダレなら・・・↓

はい、スマートです。

各々の皿にタレを注ぐ。

このビンをみんなで1周させれば済んでしまいます。

 

しゃぶしゃぶでいう「ポン酢・ゴマダレ」の要領で「醤油ダレ・塩ダレ」の構図が完成するのです。

 

②焼き肉以外にも使える

実はこのタレ、焼き肉以外にも使えるんです。

というか元々焼き肉のタレだなんて書いてないんです。

「塩焼きのたれ」なんです!

 

スタミナ源タレの公式Twitterでもつぶやかれております。↓

普通の塩・コショウに加えてニンニクも入っているため調味料としての能力が高いです。

 

私もスープを作ってみました。↓

 

Amazoneでレビューを見ると他にも↓

・ジャーマンポテト
冷凍の皮付きポテトとウインナーソーセージを炒め、仕上げに絡めるだけ。

 

サラダのドレッシングに、上等なオリーブ油、バルサミコ酢などと混ぜて使ってます。

様々な活用方法があるようです。

 

③味付けが安定する

先ほど様々な料理に使えると紹介しましたが、液体タイプなので分量を計るのが粉末の塩より楽です。

 

正直、料理のレシピで

  • 塩・・・少々

「少々」とか言われても・・・ってときありますよね?

 

これは液体なので

  • 塩ダレ・・・スプーン1杯

このように表現できるのです!

 

つまり味の再現が容易なのです!

 

みんなに使ってほしい!源たれの塩!

こんなに使い勝手のいい塩コショウは他にはないのではないでしょうか?

ぜひ皆さんにも使っていただきたい。

 

しかし、残念なのは青森県以外ではなかなか売ってないということです。

お近くのスーパーにない場合はAmazone等を利用して取り寄せましょう。

もしくは青森県に遊びに行って手に入れてもいいかもしれません。

美味しいもの沢山ありますよ~!

青森県民が愛飲するリンゴジュースの記事↓

もう他のリンゴジュースは飲めない!青森県シャイニーのリンゴジュースを紹介する!

是非青森の味覚を楽しんでみてください!

青森県出身ブロガーのササ(@2017Kedama)でした!







1 個のコメント

  • […] ~スケジュール~ 12:30  お昼ご飯(ピザ)     ↓ 14:00    講義開始「ライティングとは」&作業     ↓ 16:00   夕日をバックに集合写真(ゴロウ(@havefun_goro)さんのドローンで撮影)     ↓ 18:00            お風呂     ↓ 19:00           夕飯 (寿司)&雑談 その後、まるもでジェンガしたり、手相みてもらったり…。笑 自由にその場を楽しみました!   (ピザと寿司の写真に出てくるたれは、サロンメンバーのササ(@2017Kedama)さんがオススメしているたれです。) […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です