千葉県でいちご狩り!「渡邉いちご園」はインスタ映えするいちご園だった!







冬といえば「イチゴ狩り」でしょう!

実は千葉県はイチゴ狩りが盛んな地域でもあるのです。

今回訪れたのは「渡邉いちご園」

 

行ってみてビックリ!

イチゴの味はもちろん、写真映えするスポットも盛りだくさん!

  • 食べて美味しい
  • 写真に撮って楽しい

そんな「渡邉いちご園」に行ってみてはいかがでしょうか?

 

渡邉いちご園の受付を済ませる

渡邉農園は千葉県君津市という地域にあります。

ナビに住所を入力して車を走らせると大きく「渡邉」の文字が・・・!

 

こちらで受付を済ませます!

料金はシーズンによって微妙に違いますがだいたい1800円で30分のいちご狩りができます。

※詳しい料金は公式ホームページへ→http://www.watanabe-ichigo.jp/price.html

 

謎の顔ハメ写真スポット発見。

ぬ~べ~を思い出したのは私だけでしょうか。

 

襲われても食べたい味♡

了解しました。

 

渡邉いちご園のハウスへ向かう

受付を済ませるとハウスの指定をされます。

イチゴの状態をみて、その日のいちご狩りハウスを決めているようです。

 

今回は「コアラの3」でした。

 

ウサギさん、お馬さんの視線を気にしつつスルーして・・・

 

コアラの3に到着!

 

渡邉いちご園でいちご狩りをする

ハウスに入ると係の方が練乳入りのトレイを渡してくれます!

さっそくイチゴ狩り開始です!

30分間食べ放題となります!

 

高設ハウス(立ったままいちご狩りができるハウス)

と、

土耕ハウス(しゃがんでいちご狩りをするハウス)

があるようですがコアラの3は高設ハウスでした。

また、どちらも通路幅が狭いためベビーカーや車いすでハウスに入ることができないとのことです。

 

腰ぐらいの位置にイチゴが実っています!

しゃがまなくていいので楽ですね~

綺麗な赤色にテンションが上がります!

 

 

ヘタのところまでパンパン!

これは甘そうです!

 

今日の品種は「紅ほっぺ」でした

このハウスの品種は「紅ほっぺ」でした!

甘みも酸味も強い、味が濃いイチゴ!という感じでした!

 

渡邉農園で栽培している品種は5種類。

  • 紅ほっぺ
  • やよい姫
  • おいCベリー
  • かおり野
  • もういっこ

各イチゴの特徴は公式ホームページで紹介されています→http://www.watanabe-ichigo.jp/variety.html

 

しかし、全ての品種が食べられるというわけではありません。

渡邉農園の園主がイチゴの色づき具合を見て、お客様をどのハウスにご案内するかを決めているとのことです。

プロが食べごろのイチゴを厳選してくれているのですね!

今日は何が食べられるのかな~とワクワクしていきましょう!

 

男性の手のひらに乗せてもこの大きさです。

 

練乳!

これはたまらない!

 

受粉中。

ミツバチ君が一生懸命働いています!

可愛いですね~

とてもおとなしい性格の様ですがお仕事中ですので刺激しないようにしてあげましょう。

 

30分でお腹いっぱいです!

ごちそうさまでした!

 

渡邉いちご園のアクセス、定休日、あれこれ!

渡邉いちご園

住所:〒299-1103 千葉県君津市大井1番地

電話番号:0439-32-3428

定休日:不定休(1月~3月は火曜日が定休日)

公式Twitter:@watanabeichigo →開園情報はここでチェックしましょう!

公式ホームページ:http://www.watanabe-ichigo.jp

 

駐車場も広い

駐車場も広いので安心です!

 

渡邉いちご園まとめ

渡邉いちご園はところどころに可愛いキャラクターがいたり、謎の顔ハメ写真パネルがあったり、いちご狩り以外も楽しめる要素が沢山あります!

 

こんな小道具まで用意されています!

美味しいイチゴを食べられて、写真を撮って後で見返しても楽しい!

そんな「渡邉いちご園」、オススメです!

 

以上!

千葉在住ブロガーのササ(@2017Kedama)でした!