会費制の結婚式ってご祝儀必要!?青森県にありがちな会費制結婚式について解説!




青森 結婚式 会費制

20代半ばとなってくると結婚式に招待される機会がグッ増えてきますよね。

そんな中こんな招待状が届いて困った経験はないでしょうか?

 

「当日は会費制とさせていただきます。」

 

この記事では会費制結婚式に招待されたときに誰しもが思う

  • 会費制の結婚式ってどこの地域であるの?
  • 会費と別にご祝儀は用意すべき?
  • 会費とは別にご祝儀も渡したいのですが・・・

このような疑問に答えていきます!

 

会費制の結婚式ってどこの地域であるの?

会費制 結婚式 地域

そもそも会費制の結婚式なんて聞いたことがない!という人もいらっしゃると思います。

それもそのはず。

会費制の結婚式のほとんどは青森県や北海道で行われているのです。

 

会費と別にご祝儀は用意すべき?

会費制結婚式 ご祝儀

会費制の結婚式に招待されて1番迷うのが会費と別にご祝儀を用意すべきかどうかです。

結論として

会費のみ用意すればOKです。

 

招待状に会費袋も同封されているはずなので、それに指定された金額をいれて受付に渡します。

会費は18000円ぐらいが相場となっています。

 

会費とは別にご祝儀も渡したい

会費とは別にご祝儀を渡したい。

それも全然おかしいことではありません。

 

青森県の友人の結婚式で受付を引き受けたこともあるのですが、数人は会費とは別でご祝儀を渡す人もいらっしゃいました。

ただ、ほとんどは親族の方であって、友人で別にご祝儀を包むという人は今のところ見たことは有りません。

 

また、もしも会費とは別にご祝儀を渡す場合は必ずご祝儀袋に用意しましょう。

「このご祝儀袋の中に会費と合わせて3万入ってる」という渡し方だと受付の方も混乱してしまいます。

会費は会費袋!ご祝儀はご祝儀袋!で分けて渡しましょう。


会費制結婚式まとめ

  • 会費制の場合、ご祝儀は不要
  • ご祝儀を別で渡したい場合は会費袋とは分けよう

それでは、すっきりした気持ちで結婚式を楽しんできてください!^^

以上、青森県出身ブロガーのササ(@2017Kedama)でした!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です