富士フィルム「写ルンです」に空を詰め込む。




富士フィルム”写ルンです”は、ちょっとした日常を切り取るのに最適なカメラといっても言い過ぎではないでしょう。

そんな”写ルンです”で特に私が良く撮るのが

おもちゃのようなカメラなのに現像するとビックリするほど良く撮れているときがあるのです。

写ルンです 海

大きいカメラは持ち歩くのが億劫

私は一眼レフカメラを所有していますが、大きいし重いので「撮るぞ!」って時にしかあまり持ち出しません。

しかし、ちょっと買い物に出掛けた時や飲み会。

そんなわざわざカメラを持ち出さないような時ほど、「カメラがあれば・・・」なんて思う瞬間に出会うものなのです。

そんな時でも”写ルンです”なら大丈夫。

小さくて軽いのでポケットやカバンの隅に入れておけばいいんです。

写ルンです 雲

「ちょっと良いな」という瞬間を切り取る

”写ルンです”はとてもシンプルなカメラです。

ジージーとフィルムを巻いて、シャッターを切るだけ。

簡単です。

逆に私は大きいデジタル一眼レフだと、絞りがどうとかシャッタースピードがああとか「良い写真撮ったるで!」とちょっと力が入ってしまいます。

撮った後も「この角度から撮ったらどうだろう」とかモタモタしていることが多いです。

しかし、”写ルンです”は良くも悪くも細かい設定や撮った後の確認は一切できません。

ちょっと良いなと思った瞬間に、何も考えずにシャッターを切ればいいのです。

例えば、ちょっとコンビニにガリガリくんのチョコミント味を買いに行って、空に夏らしい積乱雲が出ていた時。

バシッと撮って、ポケットに突っ込んで、アイス食いながら帰る。

そんな使い方が似合うカメラです。

写ルンです 夏

”写ルンです”の青色は綺麗

個人的に”写ルンです”が表現する「青」がとても綺麗だと思っています。

写真の端が暗くなりがちですが、それもまたグラデーションのようになって素敵です。

まさに空を撮るのにうってつけです。

写ルンです 空と花 写ルンです 田んぼと空 写ルンです 風の強い日の空 写ルンです 電信柱と空

朝焼け、夕焼けも撮れる

暗い所が苦手な”写ルンです”ですが、朝焼け・夕焼けも意外と撮れてしまいます。

太陽をファインダーに入れるような感じで撮影すると、綺麗に写ります。

写ルンです 朝焼け 写ルンです 電信柱と朝焼け 写ルンです 夕焼け 写ルンです 夕焼けと雲

あまりにも暗くなってしまうとザラザラになってしまいますが、それもご愛嬌です。

むしろ、”写ルンです”に求めているのはこういう表現ではないでしょうか?

このザラザラ感が逆にノスタルジックですよね。

写ルンです 夕焼け ザラザラ 写ルンです 夕焼けとカラス 写ルンです 夕焼け ザラザラ

”写ルンです”で空を撮ろう

そもそも空ってよっぽど綺麗だったりしないと見上げないものです。

そこで “写ルンです”がポケットにあれば、日常の「ちょっといい感じの空」に気付く瞬間が増えるはず。

あなたも手のひらサイズの写ルンですに空を詰めこんでみませんか?

「写ルンです」で撮影した花をひたすら貼る

2018.07.18

カメラマンあるある?電線、電柱の写真撮りがち。

2018.08.24

ササ(@nyasan2017)でした!