カメラマンあるある?電線、電柱の写真撮りがち。

カメラマンあるあるなのか、僕の個人的趣向なのかは定かではないが「電線・電柱」の写真を良く撮ってしまう

特に「写ルンです」などのフィルムカメラを使うとなおさらだ。(なんでだろう)

この記事では僕が撮った電線や電柱の写真をひたすら貼っていこうと思う。

目次

早朝と電線

早朝は写真を撮るのにうってつけの時間だ。

人が歩いてないからじっくり撮影できるし、普段見ることができないような光景が広がっている時が多い。

早朝の電柱の写真
朝焼けと電柱の写真
曇りと電線の写真
朝焼けと電線の写真
電線にとまる燕の写真

鳥なんかも目覚めて電線にとまっている。

青空と電線

青空と電線は相性がいい。

青に電線のシルエットが良く映える。

電線と青空の写真
電線と鳥の写真
海と電柱の写真
電線と青空の写真
田んぼと電線の写真
田んぼに反射する電線の写真

反射している電柱を撮るのもまた楽しいものだ。

夕方と電線

綺麗な夕焼けを見ると写真を撮りに出かけたくなる。

夕焼けと電線の組み合わせは何故だかわからないけれども懐かしい気持ちになってしまう。

夕方の電線の写真
夕方の電線の写真
電線とカラスの写真
夕方と電線の写真
夕暮れと電柱の写真

もっと日常を切り取ろう

普段気にもしない電線も立派な被写体になります。

デカいカメラを持って「さあ、撮るぞ!」って撮影ももちろん好きなのですが、ポケットに入るぐらいのカメラでグッとくる瞬間をパッと撮るのもまた楽しいです。

カメラを持つと日常がもっと楽しくなりますね。

目次
閉じる